いま話題のウォーターサーバーの口コミを集めました

いま話題のウォーターサーバーの口コミを紹介しています

マーキュロップのウォーターサーバーについて

富士山は日本人の心の象徴と呼ばれます。
いつでも富士山が私たちを見守ってくれているかのような感覚がありますね。
あれほどまでに大きな存在だからこそ、富士山をみたことがないという人であっても「富士山のことを知っている」のです。

富士山がもたらす様々な恩恵

みなさんは富士山がもたらす恩恵にはどのようなものがあるかご存じでしょうか。
最近では山登りとか、富士五湖巡りといった観光資源に注目が行くようになりましたが長い間私たちを支えてきてくれた恩恵があります。
それは「お水」です。
富士山はご存じのように火山ですから、様々な石や砂によって山を形作っています。
石や砂に注ぎ込んだ雨水は、ドンドン濾過がなされて最終的には綺麗な地下水として富士山の地下に溜まっていきます。
この地下水は大変に美しく、おいしいお水であることから様々な人が今までいろいろな方法でくみ上げては私たちの手元にまで届けてくれました。

マーキュロップのウォーターサーバーで富士山を身近に感じる

実はおいしい地下水を飲みたいのであるならば、ペットボトルで毎度毎度購入するよりも「マーキュロップ」のウォーターサーバーを導入するのがもっとも経済的でお得です。
といいますのも、普通のペットボトルに詰められたお水は一体どこでとれた富士山の水なのかさっぱりわからないということがよくあります。
しかしマーキュロップは標高1000メートル付近にある国立公園でお水を取っています。
ミネラル分が多いということ、どこでとれたお水なのかはっきりしているということがから安心感も生まれますね。

多くの人が愛するウォーターサーバーの理由

また富士山の地下水をウォーターサーバーとして発売していることは、私たちにとってみたら多くのメリットがあります。
ペットボトルでお水を購入して自宅にまで運ばなくても良いこと、熱いお湯や冷たいお水を好きなときに好きなだけ飲めるということ、ほかにもまだまだメリットをあげれば数え切れないくらいあります。
ウォーターサーバーの設置だって業者さんが全てやってくれますし、壊れてしまったって業者さんが全て取り替えてくれるので安心です。

あなたのおうちにも富士山の地下水がやってくる

マーキュロップのウォーターサーバーを利用すれば、富士山の地下水がおうちにやってきます。
毎日飲むお水だからこそ、おいしくて一体どこでとれた水なのかがわかった状態で利用したいものですね。

ボトルは使い捨てかリサイクルか

ごみの分別が厳しくなった時代、今時リサイクルの言葉を知らない人はいらっしゃらないでしょう。
せっかくごみを分別しているのだからリサイクルもきちんと行われていると信じて、私たちは毎日せっせとゴミ出しに向かいます。
しかしそのゴミ出しの回数を少しでも減らしたいと思ったことはありませんか。

ウォーターサーバーでごみを減らそう

分別ごみの中でかさばるものといえば「ペットボトル」です。
軽いからいいものの、一つの袋の中にあまり入らないため何個も何個も用意せざるを得ないことが多くなります。
2リットルのペットボトルなどつぶしてもつぶしても結局は広がってきてしまって、何袋も消費せざるを得ないものです。
もしもお水をペットボトルで購入されているのであるならば、ウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか。
実はウォーターサーバーのボトルは使い捨てではなく、会社側が引き取って綺麗に洗浄し再利用するタイプになっています。

綺麗に洗って再利用している

実際どのように洗浄されているのかという光景もウォーターサーバーの会社側に尋ねればちゃんと教えてくれますし、動画で撮影したものを見せてくれることでしょう。
改めてお水を詰め直したときに雑菌がボトルの中でたくさん繁殖してしまっては大変ですから、よくよく丁寧に洗われていることがわかるはずです。
お水を飲む都度、雑菌がわいていないだろうかというような心配は不要です。

会社側にとってもうれしいこと

ボトルの再利用は会社側にとってもうれしいことです。
使い捨てタイプですと毎度毎度使い捨てのボトルを購入してお水を詰めなければならないため、それなりのコストがかかります。
会社だって少しでも経費を安く抑えて、なおかつ安全なお水を提供したいと考えていますから再利用できるボトルを使えるウォーターサーバーの普及を推進しているのです。

お客様の声に応えた使い捨てタイプもあるよ

もちろん「それでも再利用タイプのボトルを信用することが出来ない」というお客様のために使い捨てたイプのボトルを用意しているところもあります。
ただ、ウォーターサーバーが長い間普及しているというにもかかわらず取り立てて健康被害などが報告されていないことから鑑みれば洗浄効果が高いことを重視すべきといえるでしょう。
使い捨てタイプは使い捨てタイプでそれなりにいいところもありますから、そちらで検討するというのも悪くはないのかも知れません。

忘れてはいけない条件

重厚長大という言葉をご存じでしょうか。
戦後の日本を支えてきた工業製品のジャンルを指す言葉で、重くて厚みがあり長くて大きさがある製品のことを指します。
建設やインフラ関係のお仕事が一般的に重厚長大産業と呼ばれます。

ウォーターサーバーも広義の重厚長大

私たちが普段何気なく利用している「ウォーターサーバー」も、広い意味で言えば重厚長大です。
水の入ったボトルは重くて厚みがあり、サーバー本体も長さがあって大きさもあります。
これらの要件を満たしている以上、広義の重厚長大といえるのですが私たちはこれらを利用するにあたりそれなりの置き場所を確保しなければなりません。
またお水がなくなったら重たいボトルをウォーターサーバーの頭へと突き刺さなければならないということも忘れてはいけない条件です。

狭い自宅におきたいけれど置く場所がない

「私の家は狭いから、ウォーターサーバーを置こうとしたらそれなりの場所が必要になってしまう」とお悩みの方も多いかと思います。
実際、ウォーターサーバーを置こうと思ったらそれだけで部屋のスペースを食ってしまいウォーターサーバーの存在感が大きいというお部屋にお住まいの方もいらっしゃるでしょう。
どうにかして省スペースでも置けるようなウォーターサーバーはないのでしょうか。
また、スペースよりもボトルの入れ替えが面倒という方に取ってみたら普通のウォーターサーバーは向いていません。

近年人気のポンプ吸引式ウォーターサーバー

近年こうした様々な声に応えた結果として「家庭用ポンプ吸引式ウォーターサーバー」というものがとうじょうしました。
普通のウォーターサーバーは上から下へお水を落としますが、ポンプ吸引式は下から上へお水を引き上げます。
これによりスリムな形を実現し、狭い部屋でもおけるようになりました。
またボトルを持ち上げずに、サーバーの一番下でお水のボトルを入れ替えれば良いのですから腰を痛めることなくボトルの入れ替えが出来るのです。

あなたのご自宅にも導入を初めてみませんか?

皆さんはウォーターサーバーを利用するならば普通のボトル式でしょうか、それともポンプ式でしょうか。
自宅のスペースや、実際にウォーターサーバーのボトルの入れ替えが自分出来るであろうかということを検討してみるとボトル式かポンプ式か選べることでしょう。
ウォーターサーバーの専門会社もお客様の声に応じて、両サーバーを用意していると言うこともありますので相談するのもオススメです。

ボトルにはポリカーボネートの素材が使われている

ウォーターサーバーには何よりも安全性が求められます。
汚いお水を飲まされてしまったらたまったものではありませんし、適当に作られたボトルに詰められても困ります。
こうしたことはあらかじめウォーターサーバーの製造会社にもわかっていることですから、様々な面で工夫が施されています。

ポリカーボネートで作られているウォーターサーバー

ウォーターサーバーに使われている水のボトルは大きく分けて二つあります。
一つ目は「ガロンボトル」というもの、もう一つは「ワンウェイボトル」というものです。
ガロンボトルはポリカーボネートという素材で作られており、大変丈夫なことで有名です。
多くの人がこのポリカーボネート製のガロンボトルを利用しており、あなたのおうちに届けられるボトルもそうでしょう。
丈夫で長持ちし、再利用できるため環境に優しいといわれています。

化学物質が溶け出す可能性もある

ところが、最近ポリカーボネートを飲用水のボトルとして使うことはいかがなものかと言われることがあります。
その理由は「ビスフェノールA」と呼ばれる化学物質が、ポリカーボネートから溶け出す危険があるからです。
「化学物質が溶け出すようでは危険じゃないか」と思われるでしょう。
これに対して国は安全基準を設定しています。
飲用水に用いても大丈夫なレベルであるかどうか、ポリカーボネート製のボトルに一定の規準を設けているのです。

使い捨てならばより安心できる

それでも心配というのであるならば「使い捨てタイプ」の利用をお勧めします。
先ほどご紹介した「ワンウェイボトル」のことですね。
使い捨てタイプは普通のペットボトルと同じ素材で作られていることから、化学物質が溶け出すというような心配はありません。
ガロンボトルと違って再利用は出来ないものの、空のボトルを小さくすることが出来るため家の中に空のボトルがあふれかえるという事態を避けることだって出来てしまいます。

あなたの使い道に応じて変えておこう

ガロンボトルを用いたお水を飲んでも、現在販売されているタイプならば国の安全基準を満たしたものですから健康被害は出にくいといえるでしょう。
ただ、それでも化学物質の溶け出しが心配というのであるならばワンウェイボトルの利用をお勧めします。
自分でボトルを捨てなければならないという手間は生じるものの、安全で安心のお水を飲むことが出来るというメリットを享受することが出来てしまうのです。

ボルビックのウォーターサーバー

お気に入りのブランドや会社の商品を使うことが多いならば、まとめて買っておけばお得です。
割引サービスを導入しているところも多くありますし、なによりいつでも使うことが出来るという安心感は何物にも代えられません。

ボルビックのお水が大好き

毎日飲むお水の中でお気に入りのブランドをお持ちの方も多いかと思います。
日本で昔から売られている「ボルビックのミネラルウォーター」が好きという方も多いでしょう。
ボルビックはフランスでとれるお水で、ミネラル分が多く含まれ安全性も確保されています。
海外のホテルやラウンジに行くと、飲み水がボルビックと言うことがあるくらい世界的に愛されているのです。

ペットボトルで買い続けるのは苦労の道

日本でも当然ボルビックはいろいろなところで売られていますが、あれをペットボトルで毎日か居続けるのはさすがに骨が折れます。
暑い夏、重たいボルビックの2リットルボトルを持ちながらスーパーから自宅に帰ることを想像してみてください。
少なくとも「この苦労をどうにか改善できたら」と思われるでしょう。
ボルビックを作っている会社も「より多くの人が手軽に我が社のお水を飲んでもらえるのであれば」という思いから様々な商品を開発してきました。

ボルビックがウォーターサーバーになっちゃった!

そう、自宅でいつでもおいしいボルビックが飲めるようにと工夫された結果生まれたのが「ウォーターサーバー」です。
確かにお水のボトルを用意しておけば誰でも毎日おいしいお水を飲むことが出来ますね。
またお水を毎度毎度スーパーにまで買いに行かなくて済み、なおかつ大きなペットボトルのごみが出ないというのもうれしいところです。
今までボルビックが好きだからペットボトルを箱買いしていたという方もいらっしゃるかも知れません。
しかし今後はそんな面倒なことをせずとも、ウォーターサーバーを一台用意しておくだけでおいしいお水を飲めるのですよ。

あなたのおうちでもボルビックのある生活を始めてみない?

皆さんのお宅ではいつもどのようなお水を飲まれているのでしょうか。
もしかしたらボルビックを今日も買ってこられたのではないでしょうか。
ウォーターサーバーの利用を始めれば、もうペットボトルを購入しに行く手間をかけなくても良くなります。
またおいしいお水を飲み続けられる快適さを味わえるのも、ウォーターサーバーの強みといえるのではないでしょうか。
ぜひご検討をお願いいたします。

ウォーターサーバーのボトルラック

ウォーターサーバーを契約すればたくさんのボトルが届けられます。
毎日お水を飲むのですから少ないよりもたくさんあった方がお得ですし何かと便利です。
ところで皆さんはこのボトルを一体どこにおいてらっしゃるでしょうか。
部屋の片隅に積み上げているという方や、専用の倉庫みたいな部屋にたくさん入れてあるという方までいろいろかと思います。

適切なボトルラックを使ってみよう

ボトルを置くのであれば「ボトルラック」を使うこともオススメできます。
実はボトルラックは各社が用意しており、「こんな感じのボトルラックをご用意しています」という宣伝文句で私たちに購入を勧めてくることが多いものです。
もちろん買わなくてもいいですが、無料でレンタルしてくれるのであれば使ってみるのも良いでしょう。
工夫している会社は重みに耐えられるようにとか、使いやすいようにと様々な改良を重ねていますから使って損をすることはありません。

自分で作る人もいらっしゃる

手先が器用な人の中には、専用のラックを自分で作ってらっしゃる方もいらっしゃいます。
なるべく重みに耐えられて、なおかつ使いやすさを重視したボトルラックを自作しているのです。
アイデアがたくさん詰まっているものばかりで、自分でも作ってみようかなと思わせてくれる作品が多くなっています。

置き場だけは十分に注意したい

専用のボトルラックを使うにしても自作のボトルラックを使うにしても、お水の置き場所だけには十分注意しましょう。
というのも、ボトルの中のお水ににおいや薬品の成分が入ってしまうと大変なことになるからです。
においの強いものも薬品の成分の中にも「揮発性が高い」ものがあります。
こうしたものと一緒に置いておくと、お水の中ににおいと薬品の成分が入り込んでしまい最終的にはお水を飲めなくなってしまいます。
においの強いものとか、揮発性の高い薬品とは別なところへ置いておきましょう。

あなたのおいしいお水を保管するならばいいところへ置いておこう

皆さんのおいしいお水を届けてくれるウォーターサーバーの専門会社。
私たちだって届けられたときと同じようなおいしいお水を飲みたいですから、ぜひともボトルの置き場所にも気を遣ってあげてみてください。
「こんな所に置いたらきっとにおいがたくさんついてしまうだろうな」というところとか、直射日光が当たるような場所では保管しないようにしてください。
おいしいお水をおいしいままに飲むために保管方法を考えることも欠かせません。

手軽に美味しい水が飲める

水道水は日本が一番綺麗で安全でおいしいといわれています。
海外にもたくさんの水道があり、お水を各家庭に配給していますが少なくとも直接飲むことが出来る水がどれだけあるのかと考えたらほとんど無いといえるでしょう。
しかしおいしいお水をよりたくさん飲みたいという需要に応え、スーパーやコンビニでミネラルウォーターが売られるようになりました。

自分で運ぶのは大変

普通ミネラルウォーターを自宅で使う際には、2リットルのボトルを使われることかと思います。
でも人間一人が一日に消費するお水は大体2から3リットルといわれていますから、4人家族ならば毎日単純計算で8リットルから12にリットルのペットボトルが必要になります。
2,3日で1回交換しなければならないと考えても一度に8リットルも12リットルも運べるでしょうか。
最初は良かったとしても、後々面倒くさくなるのは目に見えています。

熱いお湯を作るためには時間がかかる

またペットボトルに入ったお水は常温のまま保管するか、冷蔵庫に入れて保管するかの二つに分けられます。
冷たいお水ならば冷蔵庫に入れておけばいいものの、熱いお湯が必要になったら結構やっかいです。
いったんやかんの中へお水を入れて、それをガスで温めてというステップを踏まなければなりません。
瞬時にお湯が沸くわけでもありませんから、時間のロスもあるのです。

何も考えなくてもすぐに使えるのが楽ちんだね

一方でウォーターサーバーならば、お水を自分で買ってきて運ぶ必要など有りません。
インターネットや電話で注文した後、自宅にまでお水を運んできてもらえるのです。
例えマンションの高層階であったとしても嫌な顔一つせず持ってきてもらえるのはありがたいことです。
ウォーターサーバーにボトルを突き刺しておけば、熱いお湯も冷たいお水もいつでも飲めてしまいます。
これなら突然カップラーメンが食べたくなったとか、お客様がいらっしゃってお茶をお出ししなければならなくなったというときにも対応できますね。

さあウォーターサーバーの導入を考えてみよう

こうしたメリットがあるからこそ、ウォーターサーバーの導入が進んでいるのかも知れません。
ボトルの交換だけで手軽にお水を飲むことが出来るこの快適さをあなたのお宅でも取り入れてみてはいかがでしょうか。
きっと皆さんのご家庭でも、お水の消費量が伸び健康で潤いのある生活を達成できてしまうのかも知れません。

ボタン式のウォーターサーバーはとても便利

工夫を施すことが出来るのは決して人間に限りません。
例えば蜂の巣を想像していただきたいのですが、蜂は誰から教わるともなく六角形の素を作り上げました。
「あれのどこが工夫なの?」と思われるかも知れませんが、実は六角形が風や外部からの力にもっとも強い形です。
事実、人間の建築の中にも使われていることが多くその工夫を侮ることは出来ません。

使いづらいウォーターサーバー

工夫は今まで面倒だけど誰も変えてこなかったところを変えることも含みます。
とするのであれば、ウォーターサーバーは工夫のしがいがあるといえるでしょう。
皆さんも想像していただきたいのですが、ウォーターサーバーからお水を出す際どのように出すのかという所です。
簡単な仕組みではあるけれど、毎度毎度つまみを持って下げなければならないとかあげなければならないというのは少なくともスマートではありませんでした。
それにちょっと不安定な持ち方の場合、うまくお水を出せないと言うときだってあったのです。

ボタン式がやってきた

つまみ一つを工夫するのもなかなか時間がかかりましたが、ようやく最近ウォーターサーバーにもボタン式のサーバーが登場してきました。
今まではつまみを持って上げ下げしなければならなかったところ、これからはボタンをプッシュするだけでお水が出てきてくれるのですからありがたいものです。

子どもでも使いやすい点がGood

大人からしてみればつまみのサーバーでもさほど問題は無いのですが、子どもに取ってみたら「一体どうやって使えばいいのかさっぱりわからない」という問題につながります。
お水を飲みたいにも関わらず、出し方がわからないからまごまごしてしまって結局お水を飲めなかったという話はよく聞きます。
ボタン式ならば、ボタンをプッシュするだけでお水が出るというお子さんにとって直感的に理解しやすく又使いやすい形といえるでしょう。

あなたのおうちのウォーターサーバーもボタン式にしよう

皆さんのおうちでもしもウォーターサーバーを使っているならば、現在契約している会社と掛け合ってボタン式に変えてもらうのも一つの手かも知れません。
また、今後サーバーを契約するならばボタン式のサーバーを用いることが出来るかについてまずは会社側と相談してみてください。
「それくらいならば出来ますよ」という会社も結構多いですから、相談して損をするということは考えにくいでしょう。
ぜひとも良い水ライフを楽しんでくださいね。

ボトルの値段は不当?

価値の無い商品を高い値段で売りつけることを「ぼったくり」とよびます。
よく「ぼったくりバー」という名前を耳にすることがあるかと思いますが、サービスに見合わない高額な料金を請求することで不当な利益を上げています。
「水を売るだけで高い値段を請求してくるウォーターサーバーもぼったくりではなかろうか」という声がちらほらと聞こえてくることは少なくありません。
本当にそうなのか検証してみたいと思います。

ボトルの値段は不当に高いのか

まずウォーターサーバーには、お水がたっぷりと詰まったボトルが欠かせません。
あれが無ければ誰もお水を飲むことなど出来ないでしょう。
水が入っただけのボトルでお金を儲けているのだからぼったくりだといわれやすいのですが、あれはただのお水ではありません。
水道水とは違って富士山麓とか六甲山系といったお水で有名な地域から水をくみ取ってきて、丁寧に濾過してボトル詰めしています。
つまりたくさんの手間暇をかけたお水があの中に含まれているのですから、ボトルの料金は決して高いものとはいえません。

送料が不当に高いといえるのか

ボトルはただで持ってきてもらえることはあまりなく、何かしらの形で送料が請求されます。
水を運ぶだけで送料と思われるかも知れません。
ただ、皆さんのおうちがマンションの5階や10階にあったらどうでしょう?
毎回毎回玄関にまで持ってきてくれるのと、自分でボトルを運ばなければならないのとどちらを洗濯されますか。
少なくともちゃんと玄関に持ってきてくれる方を選ばれるでしょう。
送料にはこうした目に見えないサービスも含まれたうえでの代金ですから、高くはありません。

その他の経費は不当に高いといえるのか

サーバーのレンタル料金は無料の所もあれば有料の所もあります。
有料の所はサーバーをレンタルするだけでお金が入ってくるものの、もしも故障したときには全て会社持ちで修理することとなります。
また新しいものが出てきたら、新しいものと交換することだって会社側に求められます。
月々のリース料にはこうした将来のサービス価値も加えられているため、不当に高いとはいえません。

全体的にみたらむしろ安いくらいかも?

いかがでしたでしょうか。
ウォーターサーバーはぼったくりではないということがおわかりいただけたかと思います。
もしかしたら普通のボトルウォーターを購入するのに比べて、全体的にみたら安くらいといえるかも知れません。

引っ越しをきっかけに導入

おいしいお水で入れたお茶やお酒は大変おいしいものです。
水道水ばかりを利用しているという方には是非一度お試し頂きたいのですが、普段の飲み水をミネラルウォーターに変えるだけですこぶるおいしくなるのです。
スーパーでたくさん売られているミネラルウォーターを使うだけでおいしいお茶やお酒を飲めるのですから、これほど安い話はありませんね。

毎日自宅にまで持って帰ってくるのは大変

ところが、おいしいお水を自宅に持って帰ってくるのはなかなか大変です。
皆さんのお宅からスーパーまでの距離を考えて頂きたいのですが、車を使っているならばまだしも歩いて買い物をしているというのであれば毎日のことを考えると嫌気がさすのではないでしょうか。

高層階のマンションに引っ越せばもっと

たとえスーパーが近くにあったとしても、高層階のマンションに住めば毎日持って帰ってくるなんて考えられません。
事実、高層マンションに引っ越したことをきっかけにウォーターサーバーの利用を始める方が多くなっています。
エレベーターを使ってお水を運ぶのはいいけれど、周りの人に見られるのも少し恥ずかしいし重たいものを持つのもイヤだという私たちのわがままをウォーターサーバーの販売会社はかなえてくれるのです。
高層階に住んでいる方であれば、ウォーターサーバーがどれほど便利なものかということをおわかりいただけるかと思います。

共有部分に預けておいてくれる点がうれしいね

高層マンションともなれば、オートロックシステムが当たり前に採用されていることでしょう。
「日中不在であるが、どうやってお水を運んでもらうの?」というお悩みも簡単に解決できます。
そう、共有部分にお水を置いといてもらうのです。
これならば日中わざわざお水の受取りのために家にいなくたって良いですし、外出先から好きなときにお水を注文しておいて帰宅時にはおいしいお水が待ち構えているといううれしい状況を作り出すことも出来るのです。

誰でもおいしいお水を飲む権利がある

例えどんなところに住んでいたとしても、誰もがおいしいお水を飲む権利を有しています。
その権利を考えるのであるならば、高層マンションに住んでいたっておいしいお水を飲めるはずなのです。
こうした当たり前の権利をウォーターサーバーの販売会社はちゃんと実現してくれます。
あなたも今日からおいしいお水と共に生活するというちょっとした贅沢を実現してみてはいかがでしょうか。