いま話題のウォーターサーバーの口コミを集めました

いま話題のウォーターサーバーの口コミを紹介しています

ボトルは使い捨てかリサイクルか

ごみの分別が厳しくなった時代、今時リサイクルの言葉を知らない人はいらっしゃらないでしょう。
せっかくごみを分別しているのだからリサイクルもきちんと行われていると信じて、私たちは毎日せっせとゴミ出しに向かいます。
しかしそのゴミ出しの回数を少しでも減らしたいと思ったことはありませんか。

ウォーターサーバーでごみを減らそう

分別ごみの中でかさばるものといえば「ペットボトル」です。
軽いからいいものの、一つの袋の中にあまり入らないため何個も何個も用意せざるを得ないことが多くなります。
2リットルのペットボトルなどつぶしてもつぶしても結局は広がってきてしまって、何袋も消費せざるを得ないものです。
もしもお水をペットボトルで購入されているのであるならば、ウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか。
実はウォーターサーバーのボトルは使い捨てではなく、会社側が引き取って綺麗に洗浄し再利用するタイプになっています。

綺麗に洗って再利用している

実際どのように洗浄されているのかという光景もウォーターサーバーの会社側に尋ねればちゃんと教えてくれますし、動画で撮影したものを見せてくれることでしょう。
改めてお水を詰め直したときに雑菌がボトルの中でたくさん繁殖してしまっては大変ですから、よくよく丁寧に洗われていることがわかるはずです。
お水を飲む都度、雑菌がわいていないだろうかというような心配は不要です。

会社側にとってもうれしいこと

ボトルの再利用は会社側にとってもうれしいことです。
使い捨てタイプですと毎度毎度使い捨てのボトルを購入してお水を詰めなければならないため、それなりのコストがかかります。
会社だって少しでも経費を安く抑えて、なおかつ安全なお水を提供したいと考えていますから再利用できるボトルを使えるウォーターサーバーの普及を推進しているのです。

お客様の声に応えた使い捨てタイプもあるよ

もちろん「それでも再利用タイプのボトルを信用することが出来ない」というお客様のために使い捨てたイプのボトルを用意しているところもあります。
ただ、ウォーターサーバーが長い間普及しているというにもかかわらず取り立てて健康被害などが報告されていないことから鑑みれば洗浄効果が高いことを重視すべきといえるでしょう。
使い捨てタイプは使い捨てタイプでそれなりにいいところもありますから、そちらで検討するというのも悪くはないのかも知れません。

ボトルにはポリカーボネートの素材が使われている

ウォーターサーバーには何よりも安全性が求められます。
汚いお水を飲まされてしまったらたまったものではありませんし、適当に作られたボトルに詰められても困ります。
こうしたことはあらかじめウォーターサーバーの製造会社にもわかっていることですから、様々な面で工夫が施されています。

ポリカーボネートで作られているウォーターサーバー

ウォーターサーバーに使われている水のボトルは大きく分けて二つあります。
一つ目は「ガロンボトル」というもの、もう一つは「ワンウェイボトル」というものです。
ガロンボトルはポリカーボネートという素材で作られており、大変丈夫なことで有名です。
多くの人がこのポリカーボネート製のガロンボトルを利用しており、あなたのおうちに届けられるボトルもそうでしょう。
丈夫で長持ちし、再利用できるため環境に優しいといわれています。

化学物質が溶け出す可能性もある

ところが、最近ポリカーボネートを飲用水のボトルとして使うことはいかがなものかと言われることがあります。
その理由は「ビスフェノールA」と呼ばれる化学物質が、ポリカーボネートから溶け出す危険があるからです。
「化学物質が溶け出すようでは危険じゃないか」と思われるでしょう。
これに対して国は安全基準を設定しています。
飲用水に用いても大丈夫なレベルであるかどうか、ポリカーボネート製のボトルに一定の規準を設けているのです。

使い捨てならばより安心できる

それでも心配というのであるならば「使い捨てタイプ」の利用をお勧めします。
先ほどご紹介した「ワンウェイボトル」のことですね。
使い捨てタイプは普通のペットボトルと同じ素材で作られていることから、化学物質が溶け出すというような心配はありません。
ガロンボトルと違って再利用は出来ないものの、空のボトルを小さくすることが出来るため家の中に空のボトルがあふれかえるという事態を避けることだって出来てしまいます。

あなたの使い道に応じて変えておこう

ガロンボトルを用いたお水を飲んでも、現在販売されているタイプならば国の安全基準を満たしたものですから健康被害は出にくいといえるでしょう。
ただ、それでも化学物質の溶け出しが心配というのであるならばワンウェイボトルの利用をお勧めします。
自分でボトルを捨てなければならないという手間は生じるものの、安全で安心のお水を飲むことが出来るというメリットを享受することが出来てしまうのです。

ウォーターサーバーのボトルラック

ウォーターサーバーを契約すればたくさんのボトルが届けられます。
毎日お水を飲むのですから少ないよりもたくさんあった方がお得ですし何かと便利です。
ところで皆さんはこのボトルを一体どこにおいてらっしゃるでしょうか。
部屋の片隅に積み上げているという方や、専用の倉庫みたいな部屋にたくさん入れてあるという方までいろいろかと思います。

適切なボトルラックを使ってみよう

ボトルを置くのであれば「ボトルラック」を使うこともオススメできます。
実はボトルラックは各社が用意しており、「こんな感じのボトルラックをご用意しています」という宣伝文句で私たちに購入を勧めてくることが多いものです。
もちろん買わなくてもいいですが、無料でレンタルしてくれるのであれば使ってみるのも良いでしょう。
工夫している会社は重みに耐えられるようにとか、使いやすいようにと様々な改良を重ねていますから使って損をすることはありません。

自分で作る人もいらっしゃる

手先が器用な人の中には、専用のラックを自分で作ってらっしゃる方もいらっしゃいます。
なるべく重みに耐えられて、なおかつ使いやすさを重視したボトルラックを自作しているのです。
アイデアがたくさん詰まっているものばかりで、自分でも作ってみようかなと思わせてくれる作品が多くなっています。

置き場だけは十分に注意したい

専用のボトルラックを使うにしても自作のボトルラックを使うにしても、お水の置き場所だけには十分注意しましょう。
というのも、ボトルの中のお水ににおいや薬品の成分が入ってしまうと大変なことになるからです。
においの強いものも薬品の成分の中にも「揮発性が高い」ものがあります。
こうしたものと一緒に置いておくと、お水の中ににおいと薬品の成分が入り込んでしまい最終的にはお水を飲めなくなってしまいます。
においの強いものとか、揮発性の高い薬品とは別なところへ置いておきましょう。

あなたのおいしいお水を保管するならばいいところへ置いておこう

皆さんのおいしいお水を届けてくれるウォーターサーバーの専門会社。
私たちだって届けられたときと同じようなおいしいお水を飲みたいですから、ぜひともボトルの置き場所にも気を遣ってあげてみてください。
「こんな所に置いたらきっとにおいがたくさんついてしまうだろうな」というところとか、直射日光が当たるような場所では保管しないようにしてください。
おいしいお水をおいしいままに飲むために保管方法を考えることも欠かせません。

ボトルの値段は不当?

価値の無い商品を高い値段で売りつけることを「ぼったくり」とよびます。
よく「ぼったくりバー」という名前を耳にすることがあるかと思いますが、サービスに見合わない高額な料金を請求することで不当な利益を上げています。
「水を売るだけで高い値段を請求してくるウォーターサーバーもぼったくりではなかろうか」という声がちらほらと聞こえてくることは少なくありません。
本当にそうなのか検証してみたいと思います。

ボトルの値段は不当に高いのか

まずウォーターサーバーには、お水がたっぷりと詰まったボトルが欠かせません。
あれが無ければ誰もお水を飲むことなど出来ないでしょう。
水が入っただけのボトルでお金を儲けているのだからぼったくりだといわれやすいのですが、あれはただのお水ではありません。
水道水とは違って富士山麓とか六甲山系といったお水で有名な地域から水をくみ取ってきて、丁寧に濾過してボトル詰めしています。
つまりたくさんの手間暇をかけたお水があの中に含まれているのですから、ボトルの料金は決して高いものとはいえません。

送料が不当に高いといえるのか

ボトルはただで持ってきてもらえることはあまりなく、何かしらの形で送料が請求されます。
水を運ぶだけで送料と思われるかも知れません。
ただ、皆さんのおうちがマンションの5階や10階にあったらどうでしょう?
毎回毎回玄関にまで持ってきてくれるのと、自分でボトルを運ばなければならないのとどちらを洗濯されますか。
少なくともちゃんと玄関に持ってきてくれる方を選ばれるでしょう。
送料にはこうした目に見えないサービスも含まれたうえでの代金ですから、高くはありません。

その他の経費は不当に高いといえるのか

サーバーのレンタル料金は無料の所もあれば有料の所もあります。
有料の所はサーバーをレンタルするだけでお金が入ってくるものの、もしも故障したときには全て会社持ちで修理することとなります。
また新しいものが出てきたら、新しいものと交換することだって会社側に求められます。
月々のリース料にはこうした将来のサービス価値も加えられているため、不当に高いとはいえません。

全体的にみたらむしろ安いくらいかも?

いかがでしたでしょうか。
ウォーターサーバーはぼったくりではないということがおわかりいただけたかと思います。
もしかしたら普通のボトルウォーターを購入するのに比べて、全体的にみたら安くらいといえるかも知れません。

ボトルの互換性について

一つのものをみんなが使えるということはとても良いことです。
同じようなものなのだから、誰か一人が独占してしまうのではなくみんなで使えるようにしておけば誰もが使いたいときに使えるからです。
さてさて、ウォーターサーバーだっていろいろな人が使うから独占はあまり良いことではないかのように思われます。

実態は独占が行われている

ウォーターサーバーの業界では、実は各社で独占が行われています。
といっても普通の独占ではなく、広い意味での独占です。
お水を飲むためには欠かせない、ボトルとサーバーですが各社似ているような機械を使ってはいるもののそれぞれの互換性はありません。
例えばA社のウォーターサーバーで使えるボトルをもらってきて、B社のウォーターサーバーに突き刺そうとしても形状が異なるために使えないのです。

安全で安心なお水を届けるために

どうしてそんなことが行われているかといえば、安全で安心なお水をお客様に届けるために他なりません。
他社製のボトルを使った結果、サーバーが壊れてしまうなんてことは置きにくいのですが少なくとも他社製のボトルのお水の安全性までは保証できないのです。
それに、他社のお水が使えるようなウォーターサーバーを作ってしまえばサーバーだけ借りられる安い会社とボトルだけ安く購入できる会社を組み合わせて安全な水を安く手に入れようとする人が現れても不思議ではありません。
消費者に取ってみたらうれしいことばかりですが、売り手たるウォーターサーバー専門会社にとってみたらいい迷惑です。
「なぜそんなことをするのか、私たちがせっかくおいしいお水を提供しているのに」と心の中では思うでしょう。

思わぬ事故につながるから無理はやめよう

ボトルに互換性がないことに後から気づいたからといって、解体して中のお水だけ取り出そうとすることはやめてください。
普通のペットボトルとは違って、ウォーターサーバーのボトルは何度も繰り返し使えるよう丈夫に作られています。
無理矢理解体しようとすると、けがや水濡れの原因になりますのでやめましょう。

自分の使っている会社の物だけを使うことが肝心

ボトルだけお友達からもらってきて使うなんてことはせずに、自分が使っている会社の物だけを使うことをオススメします。
といっても互換性がないわけですから、いくら他人の家のボトルを持って帰ってきたからといって使えるわけがありませんのでボトルをもらう必要性はないでしょう。

ボトルの材質と洗浄方法

何度も繰り返して使うことが出来ることは、環境に優しくそしてお金の面からもお得です。
リターナブル瓶、再生紙などはその代表例といえるでしょう。
子々孫々に至るまで、美しい地球を残し環境資源を有効に使えるような技術を残してあげることは私たちの責務といえるでしょう。

ウォーターサーバーのボトルは環境に優しい

近年急速に個人家庭での導入が進んでいるウォーターサーバー。
おいしいお水がたっぷりと詰まったボトルが私たちの元に届けられますが、使い終わった後は会社側返却します。
そう、ボトルをもう一度洗って新たにお水を詰め直しそしてお客様の元へ届けるという環境に優しいシステムが作り上げられているのです。
もしもあれほどまでに大きなものを捨ててくれなどといわれていたら、今頃道ばたにたくさんの空ボトルが不法投棄されているかも知れません。

かなり丈夫な材質を用いている

ボトルは何度も繰り返し使うことが出来るように「ビスフェノールA」原材料を用いて作ったポリカーボネートが使われています。
元々ポリカーボネートは建築の現場でも用いられるくらい丈夫な材質で、適切な環境で加工を施せば食用の入れ物としても使えます。
一度や二度使ったくらいではへこたれませんので、何度も何度も使うことが出来るという点が環境に優しいウォーターサーバーの実現といえるでしょう。

洗浄方法も安心できるもの

繰り返し使うならば洗ってもらわなければなりません。
ここで適当な洗い方をしていたら、今頃誰もウォーターサーバーなど使わないでしょう。
大手のウォーターサーバー専門会社さんは、低い温度のお水を使い高圧洗浄を行っています。
これならば汚い成分が残り続けると言うこともありませんし、ボトルの材質が溶けてしまうとかそういった面倒なことも起きませんから安心して飲むことが出来ますね。

あなたも将来の子ども達へ美しい地球を残すための活動に協力しよう

皆さんがもしもペットボトルを使ってお水を飲んでいるというのであれば、ウォーターサーバーの利用も考えた方が良いかも知れません。
なぜならペットボトルだとどうしても分別が面倒で、使える資源であるにもかかわらず燃えるごみにしてしまう可能性があるからです。
それよりも、既に再利用の循環過程が作り上げられているウォーターサーバーを使う方が便利ですし子ども達へ美しい地球を残すためにも良いといえるでしょう。
環境のことも考えて是非ウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。